DoctorUP

Home > サービス業> DoctorUP

現役医師の節税・税金対策のための不動産投資【DoctorUP】


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

節税をお考えの医師の皆様、不動産投資のDoctorUPへ是非一度ご相談下さい。日々社会に貢献している医師の皆様が経済的にも恵まれますように、それがプルアップの願いです。

医師としてクリニックに勤務し始めて早いもので10年が経過しましたが、最初の頃は年収も少なく所得税もそれほど高いと感じることはありませんでしたが、経験と実績が積みあがるにつれて年収も増えていきましたが、それと同時に増えていくのが所得税です。 年収が高いと納税額が増えるとは聞いていたものの、実際に支払額を見てみるとこれほど高いとは思っておらず、本格的に節税対策を行おうと決意するほどの金額でした。 まず最初に考えたのがスキルアップには欠かすことのできない学会への参加費用や書籍の購入費用ですが、これは年収から既に経費として差し引かれているので削減をすることはできませんでした。 次に考えたのが、多くの医師が実践している対策である不動産投資で、何故不動産投資が節税に繋がるのかは後でお伝えするとして、まずは自身の資産と支出などを総合的に考えた結果、マンションを購入することにしました。 マンションの購入には当然莫大な費用がかかり、さらには減価償却費などもかかったのですが、その金額は初年度の家賃収入を大きく上回るものでした。 このように話すと損をしただけにも思われますが、実はマンションなどの物件を購入すると様々な費用が経費として認められて、医師として収入から赤字になった金額を差し引くことが可能となります。 すると見た目的には年収が少なくなりますので、支払う必要がある所得税も少なくなるということです。この結果節税に成功して、さらにはマンションという資産も手に入れることに成功しました。
PAGE TOP ↑