EARTH STUDIO

Home > ビジネス支援> EARTH STUDIO

大阪でのフォトウェディングならEARTH STUDIO(アーススタジオ)


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フォトウェディングなら大阪・玉造にあるEarth Studio(アーススタジオ)へ。家族写真、キッズ・ベビー写真、マタニティ写真など、ナチュラルでありのままを撮影する写真スタジオです。

ある程度年齢を重ねてから結婚式を開く場合は、結婚式に参加をしてくれるゲストの人に食べてもらう料理に気を遣うようになります。なるべく料理がおいしい場所の方が良いと考えますが、自分たちが参加をしたことがない結婚式場の場合は、料理の味を把握できていないので、運任せになってしまう傾向があります。この場合はブライダルフェアに参加をしてみると良いかもしれません。ブライダルフェアによって異なる部分になりますが、参加をするとゲストに出される料理を食べれる場合があります。自分たちが試食をしておいしいと感じれば、不安に感じることなく参加者に料理を食べてもらえるでしょう。ホームページなどでブライダルフェアの説明を確認すると、料理の試食があるのかなどを把握できます。ホームページ等にはブライダルフェアがどんな流れで進んでいくのかなどが書かれている場合があります。流れの中に試食と言う項目がある場合は、ゲストの人に出す料理を自分たちが食べられるブライダルフェアだと判断をして良いでしょう。おいしい場所を見つけて、その場所で結婚式を開きたいと考えている人は、様々な会場で行われるブライダルフェアに足を運ぶ必要があります。ブライダルフェアが頻繁に行われているので、問題なく把握できるでしょう。本番と同じ料理を出してもらえるのかはブライダルフェアによって異なりますが、一部の料理しか出してもらえないブライダルフェアもあります。この場合は、どんな形でゲストに料理が出されるのか確認をすると良いでしょう。ブライダルフェアでは、近くにいるスタッフの人に料理についての質問ができます。この料理についての質問をしっかりと行うとより不安を感じない状態で結婚式を開けるでしょう。年齢が若い人の場合は、あまり料理の部分に気を遣わないケースが多くありますが、年齢を重ねてしまうと自分たちの結婚式でももてなすと言う心が出てしまうので、気にしてしまう傾向が強くなります。
PAGE TOP ↑