キネマARTクリニック

Home > エステ> キネマARTクリニック

キネマアートクリニック│東京都大田区にある不妊症、不妊治療、体外受精(ART)など不妊治療の専門クリニック


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

キネマアートクリニックは、不妊治療・体外受精を主体とした診療を行っております。ドクター・スタッフ一同、温かい雰囲気の中、患者様の気持ちを理解し、心豊かな診療が行えるよう日々努めております。

結婚を経験した人は、一日でも早く赤ちゃんを授かりたいと感じています。特に避妊をしていないのに、1、2年を過ぎても妊娠しない場合は、不妊を疑う必要があります。生理が不順気味で排卵日が特定しにくい人や、待望の赤ちゃんを妊娠しても、流産を繰り返している人は、早めに産婦人科を受診して、カウンセリングを受けたり、診察や精密検査を受けることが大事です。卵巣や子宮などに疾患がある場合は早めに治療をしなければいけないですし、特に体には異常がない場合でも、授かりやすくするために、定期的に産婦人科を受診することが大事です。女性や男性の体に異常が見られない場合は、タイミング法による治療を提案してくれます。基礎体温を測定して排卵日を特定することで、妊娠率を高めることができます。排卵誘発剤による治療を受けたり、人工授精による治療も提案してくれます。産婦人科は最新の医療設備を搭載しており、清潔で明るい雰囲気になっているので、通院しやすい環境が整っています。女性の体はとてもデリケートなので、強いストレスを受けると自律神経の働きが悪くなったり、ホルモンバランスが崩れやすくなり、子宮や卵巣の病気に罹ることがあります。子宮筋腫や子宮内膜症は、30代以降の女性に多い病気ですが、比較的若い20代の人にも見られるので、下腹部の痛みを感じたり、不正出血が見られる場合は、早めに産婦人科で診察を受けて下さい。若い年代の人は診察台に上がるのに抵抗を感じている人が多いですが、下半身はカーテンで仕切られているので、恥ずかしさを感じる必要はありません。女性医師が在籍をしている産婦人科も増えているので、リラックスして診察が受けられます。10代、20代の若い年代の人は、生理不順や無排卵月経などが見られる場合がありますが、将来は赤ちゃんが欲しい人がほとんどなので、早めに治療を始めることが大事です。比較的副作用が少なく、安全性の高い医薬品を処方してくれます。
<関連情報:不妊治療 東京
PAGE TOP ↑