あかりホームクラフト株式会社

Home > ハウス> あかりホームクラフト株式会社

「理想よりもっと」を叶える暮らしの夢設計士|あかりホームクラフト株式会社


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

横浜市・藤沢市で注文住宅を手がける「あかりホームクラフト」のホームページです。当社は地域密着で「デザイン性×機能性×価格」を実現できる「R+house」を導入している工務店です。お客様の気持ちに寄り添ったきめ細やかな対応で、マイホームづくりをお手伝いします。

藤沢で注文住宅を建てようと考えているのであれば、まずは家族で話し合ってどのような家にしたいのかを明確にしてから、藤沢で注文住宅の建築を請け負っている建築会社を探すのがいいでしょう。せっかく注文住宅を建てるのですから、家族それぞれに要望があると思われます。可能な限り採り入れられれば、これ以上ない素敵な家が出来上がるはずです。とはいえ、4人家族で4人が4人、それぞれにああしたいこうしたいと希望を言い出したら、おそらくかなりの数になってしまうのは推測に難くありません。さらにすべて満たそうとすると、かなりの予算が必要になるのが明らかなほど希望が出てきたら、ある程度絞り込んでからでないと建築会社に相談することも不可能です。もちろんすべての希望を書き出して、建築のプロの目から見て可能なものと不可能なものをより分けてもらったり、予算を提示して何が予算をオーバーさせるのかを教えてもらい、その希望を削るか、それとも他を削ってそれは残すかを考えるという手もあります。このやり方の難点は、建築のプロの話を元に家族で再考しないといけないため、工事に取り掛かるまでのプロセスに非常に手間がかかることです。建築会社に相談する前に希望のスリム化をはかっておくと、意外と見積りが低くなり、もう少し希望を採り入れられるということになれば、追加する方がうんと時間が短縮されます。どこに建てるのか場所が決まっているのであれば、家そのものの広さをどうするかということから、部屋の間取りや設備といったことを中心に考えます。庭を作るのであれば、家そのものを小さくしないといけませんし、どうしてもガレージが必要な場合、建物の中に作って家そのものを大きくするのか、ガレージ専用のスペースをとって家は小さく建てるのかなど、まずは外観から話し合います。部屋数の希望が決まれば、何階建てにすべきかなどはおのずと決まってきますので、家族での話し合いは藤沢で注文住宅を建てる上でもっとも重要といえるでしょう。
PAGE TOP ↑